FC2ブログ

黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

閉じる

Entries

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[編集]
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ダイエットを試みても痩せない原因は?

2016/09/19 20:58

ようやく秋らしい日が訪れてきました。
春から夏にかけてダイエットを試みてはみたものの、なかなか思うように痩せなくて
ジレンマに陥っていらっしゃる方いませんか?
甘いものを控えてサラダばかり食べていたのに…どうして痩せないのだろう??

ダイエットしているのに結果が思うように出ない!
もしかしたら、その原因はたんぱく質不足にあるのかもしれないんですって!!

たんぱく質不足がどうして太りやすくなるのか?
どんな食材とどんなタイミングで手軽にたんぱく質を補えるのでしょうか?


女性は特にたんぱく質が不足しがち!
「パンや麺類が大好きで、スイーツも止められない!」。
そんな女性は特に、炭水化物の多い外食やコンビニ食に偏ってしまう傾向にあり、
たんぱく質を十分に摂れていない可能性があるのです。

食事にも気をつけているし、運動も定期的に行っているのに思うように体重が減らない……。
ダイエット中だからと肉を敬遠するとたんぱく質不足になっているのかもしれません!


たんぱく質が不足すると痩せにくくなる理由
たんぱく質は体を作るうえで欠かせない三大栄養素の一つであり、筋肉を作るのに
欠かせない栄養素でもあります。

筋肉は胃腸や肝臓などの臓器に比べ、多くのエネルギーを消費しています。
基礎代謝量のうちの約20%が筋肉で消費されているので、筋肉量の少ない人ほど、
基礎代謝量が少ない、つまり代謝が悪く痩せにくいといえます。

ちなみに、筋肉1kgが消費するカロリーは約13kcal。
1ヶ月では390kcal、1年では4680kcalという計算になるのです。

正しい位置に骨格を定着させることで、美しい姿勢や歪みのないボディラインを
キープするのも筋肉が必要なのだそうです。
たんぱく質が不足し筋肉量が減少すると、痩せにくいだけでなく、ボディラインを崩す
原因にもなります。
その他、たんぱく質不足は集中力の低下を招き、イライラするなどストレスの原因にも
なるそうです。

ストレスはダイエットの大敵なので、ダイエット中にありがちな挫折や暴飲暴食を
防ぐためにも、たんぱく質不足には気を付ける必要があるのだそうです。


ダイエット中のオススメたんぱく質食品とは?
■食事としてとる場合(以下100g中のたんぱく質含有量表記)
  ・納豆(約16g)
   食事メニューに一品加えることで腹持ちがよくなります。
   キュウリ、トマト、アボカドを混ぜてつくる納豆サラダもお勧めです。

  ・豆腐(16.5g)
   アレンジが豊富なので、肉や魚の代わりにカサ増しとして使ったり、これからの季節は
   鍋や湯豆腐としてもお勧めです。

  ・厚揚げ(21.4g)
   100gあたりのカロリーは150kcal
   厚揚げ焼きの1人分は約128gでカロリーは192kcalになります。
   脂質が多く22.6g、、たんぱく質が21.4g、炭水化物が1.8gとなっており、
   ビタミン・ミネラルではビタミンKとカルシウムの成分が高いです。

   豆腐でダイエットしようとすると、あっさりしすぎていて、おなかが満足できない
   という方は多いと思いますが、厚揚げならば、かみごたえのある食感で咀嚼回数を
   増やして、満腹中枢を刺激し、油で揚げたことによりボリュームも出てきますので、
   ご飯や、パンの主食の代わりとして食べることもできるダイエットにもってこいの
   食材なのです!

   また、ダイエット中とはいえ、油も食事にとりいれた方が、肌にもよく、便秘にもなりにくく
   美しく痩せることができます。あとは何といっても、アレンジがきく食材なので、毎日食べて
   いても味の変化が楽しめ、飽きにくいこともダイエットの重要なポイントです!

   このことから、むしろ豆腐よりも厚揚げの方が、ダイエットに向いている食材と言っても
   過言ではないほどです。

  ・カッテージチーズ(約12g)
   100g約100kcalとカロリーが低いのも嬉しい点。
   そのまま食べるのもいいですし、サラダに加えるのも良いでしょう。

  ・ミックビーンズ(約30g)
   サラダ、スクランブルエッグなどに混ぜるのがお勧めです。

  ・その他、肉や魚であれば、脂肪分の少ない部位や種類を選びましょう
   (ヒレ、ささみ、ムネ肉、白身魚など)。
   こうすることで脂質の摂取を抑えることができます。


■おやつとしてとる場合
  ・豆乳(3.6g)
  
  ・飲むヨーグルト(約3g)
   ドリンクタイプのものは手軽でオススメです。

  ・ゆで卵(約12g)
   ゆで置きしておくと小腹がすいたときに役立ちます。

  ・枝豆(約6g)
   食べるのにひと手間かかり、また食べた殻の量で自分の食べた量が
   分かるのもいいですね。

  ・きなこ(約30g)
   ヨーグルトに混ぜたり、寒天にふりかけ黒蜜を垂らすとヘルシーな
   おやつになります。


たんぱく質も摂り過ぎには要注意!
いくら筋肉の元となり脂肪燃焼に役立つとはいえ、たんぱく質の摂り過ぎには
注意したいものです。
どんなに良い食材でも摂り過ぎは禁物です。

過剰に摂取して使いきれないたんぱく質は脂肪となって蓄えられてしまいます。
1日の摂取量の目安は体重1kgあたり約1g。
成人男性は約70g、女性は約55gとなります。

上で紹介したオススメたんぱく質食材を上手に摂取することが、ダイエットにおいて
大切なことと言えるでしょう。

ダイエッターにとってたんぱく質の摂取は不可欠!
さらに、若々しい肌や髪を保つためにもたんぱく質は重要です。


ついつい炭水化物に偏りがちな人は特に、たんぱく質をヘルシーに摂取しながら
栄養バランスの良い食生活を心がけるだけで、痩せやすい体質になるという事だそうです。

引用  AllAbout Beauty
     食事ダイエットの基本
     【痩せない原因!それは「たんぱく質不足」かも!?】

スポンサーサイト
[編集]
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。