FC2ブログ

黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

閉じる

Entries

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[編集]
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

小麦アレルギーはどのような原因で起きるのでしょう?

2016/08/03 21:35

小麦アレルギーはどのような原因で起きるのでしょう?

近年美味しそうなパンを自家製で焼いているパン屋さんが増えてきましたね。

所でパンの成分である小麦粉でアレルギーを起こすことが有ると言うことをご存知ですか?


小麦アレルギーは、小児では、卵、牛乳に続く3番目に多い食物アレルギーであり、
全体の7%を占めます。
一方、成人の食物アレルギーでは、15%を占めます。
FDEIA(食物依存性運動誘発アナフィラキシー)の原因食物となることが多く、小児の FDEIA の
57%、成人のFDEIA では、全体の85%を占めているそうです。


川本治療所 川本正己院長は次のように述べられています。

小麦グルテンは、小腸壁の細胞を壊しアレルギーを発症させる
消化された物質は小腸から吸収される.
人が食べた食物は、胃や十二指腸で消化された後に小腸から吸収されます。
胃や十二指腸はあくまで食品を細かくする臓器であって、栄養を吸収するのは小腸です。

小腸の壁には、消化された食物が体にとって「必要」か「害」になるのかを判断するための、
精妙なセンサー(細胞)があります。
その小腸壁に存在するセンサー(細胞)が損傷すると、体にとって必要ではない物質までが
小腸から吸収されてしまいます。

その小腸壁のセンサー(細胞)を傷つける原因は2つあります。
それらをまとめてみます。

 ①小麦グルテンに含まれるグリアジンというタンパク質:
   グルテンはあらゆる小麦加工食品を作る際に使用されます。
   そのグルテンに含まれる「グリアジン」という物質があります。
   グリアジンは、小腸の壁(リーキガット)の結合組織を壊す作用があります。
   壊された小腸壁(リーキガット)の結合組織からは、「招かざる客(アレルゲン)」が
   侵入してきます。

 ②小腸に常在しているカンジタ菌:
   体内の膣や腸、または喉などの多くの場所に、カンジタ菌は常在し共存しています。
   カンジタ菌は通常、体には悪影響を及ぼしません。

   しかし、カンジタ菌は増え過ぎると、カンジタ菌が分泌する毒素の影響で小腸壁の細胞に
   傷がついてしまいます。

   カンジタ菌が増え過ぎてしまう原因の1つに、お菓子やケーキ、またはパンなどの
   小麦加工商品に含まれるグルテンという物質が関係します。

上記「①」で述べたように、グルテンとは小麦タンパクです。
現代人は小麦グルテンが入っているパンやラーメン、またはクッキーなどを
毎日のように摂取します。
その結果、カンジタ菌はグルテンをエサにして爆発的に増殖します。

小腸内に増えたカンジタ菌から排出される毒素により、小腸の壁にあるセンサー(細胞)が
傷つけられてしまいます。

そのようになると、小腸壁のセンサー(細胞)は精妙な働きができず、人体にとっては
不必要な「招かざる客(アレルゲン)」が小腸より侵入してきます。

体からすると、小腸壁から侵入してきた「招かざる客」は異物であり、免疫はそれらに対して
攻撃を仕掛けます。
それが、アレルギーを発症する原因の1つになります。


アレルギーを引き起こす原因にリーキガット(腸壁漏えい)症候群がある
小麦グルテンを食すことで腸内のカンジタ菌が増殖し、小腸の壁(細胞)が
傷つくことはお伝えしました。

上述した原因で、腸壁が傷ついた状態のことを
リーキガット症候群(腸壁漏えい症候群)といいます。

健康な小腸壁には精妙なセンサーがあり、そこから不必要な物質(アレルゲン)が
侵入してることはありません。
しかし、グルテンやカンジタ菌の影響でリーキガット症候群を発症すると、
小腸の壊れた壁からアレルゲンが侵入してきます。

本来、異物が侵入してこない箇所から異物が入ってくると、体内の免疫は驚き、
パニックになります。
そして、侵入してきた異物に対して過剰な反応をしてしまうことで多くの症状がでます。

特に、アレルギー体質の人の反応は過剰になり、アナフェラキシー・ショックを起こす
場合もあります。


主食が小腸の細胞を壊している
日本で「主食」といえば、米、パン、麺類があげられます。
その中の、パンや麺類を加工する際の「小麦グルテン」が体の細胞を
傷つけていることはとても怖いことです。

体に良くない物の多くは、タバコや酒、またはお菓子などの「嗜好品」です。
これらの嗜好品の取り過ぎは、体に良くないという考えが身についているので
取り過ぎる人は少ないです。

しかし、小麦加工食品は「主食」と位置づけられているために、家庭はもちろん学校給食や
会社の食堂でも出され、それらを毎日のように食べています。

一般的に必須であるといわれている主食が、「小腸壁を傷つけている」可能性があります。
このことが、どれほど恐ろしいことか気付いて下さい。


美味しいパンが食べられないなんて可哀相です。

最近は米粉パンなどが出てきていますので小麦アレルギーの方は
そちらで楽しんで頂けたらいいですよね。
スポンサーサイト
[編集]
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。