FC2ブログ

黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

閉じる

Entries

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[編集]
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

輸入果物に貼ってあるラベルの番号の意味とは?

2017/02/16 21:00

スーパーマーケットの輸入果物売り場で果物を買うことが
あると思います。

バナナをはじめリンゴ、キウイ、マンゴー、グレープフルーツ、レモン、
オレンジ、アボカドなどで果物にシールが貼ってあり、そのシールに
番号があるのをご存知ですか?

その番号には意味があるのです。

PLUコード((Price Look-Up codeの略)と言われるこのコードを使って、
果物や野菜が有機栽培なのか、科学肥料を使っているのか、
遺伝子組換えなのかを確認することができるという事なのです。

この番号の桁数や、頭文字に使われている数字を使って見分けることが
できるのですが、どのように見分けたらいいのでしょうか?

シールの番号が意味する事。
必ず#から始まり、4桁の番号で果物や野菜の種類と
大きさを表しています

4桁で「3」か「4」で始まるコードは化学肥料使用。
遺伝子組み換えではないものの、生産過程で化学肥料や
農薬などを大量に使用していることが考えられます。

5桁で「8」で始まるコードは遺伝子組み換え作物。
遺伝子組み換え食物(GMO)には注意が必要です。
健康への悪影響が懸念されます。

5桁で「9」で始まるコードは有機栽培。
殺虫剤、化学肥料無しのオーガニック。
昔ながらの有機栽培。

このPLUコードについては、農林水産省の資料に詳しく
記載されているそうです。

PLUコードの使用は任意であるため、必ずしも番号が記載されて
いるわけではありません。

番号が記載されていたら確認してみるのが良いかと思います。

如何でしょうか?

ちょっとした豆知識でお買い物が楽しくなりそうですね。
スポンサーサイト
[編集]
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。