FC2ブログ

黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

閉じる

Entries

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[編集]
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

合成化学物質の有害性!

2016/07/25 21:50

合成化学物質はどうして有害なの?

こんなことを思ったことはありませんか?

そこで今日はこれについてです。


有害化学物質は、それまで生命を持つものしか作ることがことが出来ないと考えられてきました。

それが人工合成できるようになっただけでなく、大量に作られ、環境中に捨てられ汚染を引き

起こすのだそうです

環境中に撒かれた化学物質はやがて私たちの体の中に入ってきます。

体に入った合成化学物質は、わたしたちの体が行っている反応と似ていても異なる反応を行い、

その違いがさまざまな悪さを引き起こすのだそうです。



例えば、神経の情報を伝達するホルモンと似た反応をする化学物質は、、そのホルモンの反応を

邪魔したり、過剰反応を引き起こすことで、神経毒性を発揮するのだそうです。



人間の体は70%が水でできており、水で溶ける化学物質で成り立っているため、そのままの

状態では分解したり、崩壊してしまいます。

その為、水を弾く脂質で守られる構造をしていて、細胞の周りも脂質で囲まれています。



人工的な有機化学物質は、ほとんどが脂溶性で油には溶けるが水には溶けません。

脂質でできた細胞膜をやすやすと通り、細胞の中に入り込んでしまう上に、水に溶けにくいため、

分解されずに居座り続けてしまうのだそうです。



ダイオキシンが脂肪に蓄積することから、脂肪の多い母乳の汚染が問題になってい居る

のだそうです。

その他に脂肪が意外と多いのが脳だそうです。

幻覚を引き起こすため、トルエンやシンナーを用いた遊びが行われるのは、それらの化学物質が

脳に集まりやすいからだそうです。



有機化学物質の中で、特に危険なのが、有機塩素系化合物などの塩素、臭素、フッ素を持った

ハロゲン化物、そして重金属を持った有機重金属化合物、そしてベンゼン核を持った化合物

だそうです。

これらは生命体が危険なものとして排除してきており、ほとんど体の中にもっていない点

だそうです。



生命は海の表面に近いところで誕生したため、鉄は例外として、底面に近いところに存在

していた水銀、鉛、スズなどの重金属類を含まないそうです。

重金属のほとんどが体に有害な理由は、そこにあると考えれてるのだそうです。



塩素や重金属が有機化学物質に入ると、通常の塩素(無機の)重金属の毒性よりもさらに強い

毒性をを持つのだそうです。

水俣病を引き起こしたのは有機水銀だそうです。



この様に有害化学物質としてリストアップされている有機化学物質は、殆んどが塩素などの

ハロゲンか、重金属か、ベンゼン核を持て居る点に特徴がります。

【日本消費者連盟  化学物質から身を守る方法】 より抜粋



なるほど、一度体の中に入った重金属は排出されないと言われるのは、

このようなことだったのですね。

怖い事ですね。

スポンサーサイト
[編集]
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。