FC2ブログ

黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

閉じる

Entries

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[編集]
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koarisa.blog.fc2.com/tb.php/1-78f86e4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

合成化学物質とは?

2016/07/24 22:30

初めまして。
このブログを書くにあたり日頃なんとなく気になったこと、なぜそうなの?
もしかしたらおかしいのでは・・?
等々、自分なりに疑問に思う事が最近増えてきました。
そんな事や日常の生活の様子などを書いてみたいと思います。
あくまでも私個人の観点ですので、笑って読んで頂ければよいかと思います。
宜しくお願い致します。


早速ですが化学物質あるいは合成化学物質が人体に危険を及ぼすなどと言われて居ますが、
一体合成化学物質とは何なんでしょう?

或る科学者によって無機物のシアンとアンモニアから、有機物の尿素が合成されたそうです。

有機物とは、炭素を含んだ化合物のことです。

それまで生命を持つものしか作る事が出来ないと考えられていた有機物が、試験管の中で合成されたのです。
この人工合成物質が、やがて20世紀の社会や生活を激変させることになる事を、当時は誰も想像できませんでした。

この有機化学物質の誕生、これこそが人口化学物質が地球上に広がっていく出発点になったそうです。

最初は石炭を原料に、次は石油を原料に次々と開発され、消費されるようになり、化学物質の種類は増え続け、
しかも大量に作られるようになったそうです。

1874年にはDDTが、1879年にはサッカリン、1981年にはPCBが誕生したそうです。
これらが飛躍的な発展をもたらしたのが、第一次世界大戦だったそうです。
第二次世界大戦を境にして石油の時代へと移行して行ったそうです。

新しく主役となった石油は安く、液体であるため扱いやすく、従来とは桁違いの生産を可能にしました。
戦後、世界経済が拡大期に当っていたこともあって、プラスチックや、合成洗剤、合成ゴム等、有機化合物の
大量生産、大量消費の時代が到来しました。

石油の油井採掘ブームが巻き起こり、石油を支配するものが、世界を支配するようになったそうです。

有機化学物質の種類も増え続け、多種多様の化学物質が作られ、その種類は今日までに数百万種に達しており、現在も日々大量に製造され続けているそうです。

それらの化学物資が環境中に撒かれ、巡り巡って私たちの体の中に戻り、悪さをするようになったそうです。
それが、今の私たちを取り巻く状況だそうです。

【日本消費者連盟 化学物質から身を守る方法】 より抜粋


なるほどそのようにして合成化学物質が作られたのですね。

スポンサーサイト
[編集]
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koarisa.blog.fc2.com/tb.php/1-78f86e4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。