FC2ブログ

黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

閉じる

Entries

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[編集]
関連記事

今が旬!!春の海藻(わかめ、めかぶ、モズク、アカモク)違いと栄養価

2017/03/22 17:10

春になり海藻の美味しい季節になりました。

わかめ、めかぶ、モズク、アカモク色々ありますがどの様に違うのでしょうか?

わかめとめかぶの違いは?
 この2つはどちらも同じ種類の海藻です。
 わかめは葉にあたる部分をさし、めかぶは根元に近い部分をさします。

めかぶともずくの違いは?
 この2つは全く違う海藻です。
 めかぶはわかめの根元の部分ですが、もずくはわかめとは全く別の
 「もずく(藻付)」という食用海藻の一種です。

モズクとアカモクの違いは?
 アカモクはひじきの仲間ですが近年美容や健康にとてもいいと注目を
 集めているスーパーフードの1つだそうです。


モズク
  ビタミン・ミネラルの含有量はわずかですが、モズクで注目される
  成分はフコイダンです。

  フコイダン(Fucoidan)とは、海藻類の表面を覆っている「ぬめり」部分に
  含まれている多糖類のことです。
  フコイダンは海藻が潮流から受ける衝撃を和らげたり、潮流で生じた
  傷の修復、また周囲の微生物に食べられないようにするバリアのような
  働きがあります。

  効果効能
  胃粘膜の保護、胃炎の改善、
  血中コレステロールの低下、
  血糖値抑制作用、
  糖尿病の予防改善、
  免疫力向上、
  がん予防、抗がん作用、
  ダイエット、
  整腸作用、便秘の予防改善

モズク酢
モズク酢(画像はお借りしました)


アカモク
  アカモクは「海の納豆」とも呼ばれ、このぬめりの元となっているのが
  フコイダンやアルギン酸であり、どちらも食物繊維の一種です。

  フコイダンの効果・効能
  免疫力の向上
  抗がん作用
  胃を守る効果 (抗ピロリ菌作用)
  抗アレルギー効果
  コレステロール低減・血糖値や血圧の上昇抑制作用
   (動脈硬化・糖尿病・高血圧予防効果)
  腸内環境の改善 (便秘解消の効果)

  主要な海藻の可食部100g当たりに含まれる食物繊維の量の比較
  沖縄もずく(塩蔵品を塩抜き) 2.0g
  めかぶ(生)       3.4g
  ワカメ(生)       3.6g
  アカモク(生)      5.5g
  刻み昆布(素干し)   39.1g

  栄養価はワカメと比較しても
  カリウム      1.6倍
  鉄      5.2倍
  カルシウム  1.2倍
  とても高いことがわかります。

  フコキサンチンはモズクやわかめや昆布にも
  含まれていますが、アカモクには、わかめの約2倍、
  昆布の約6倍も含まれているそうです。
   海藻の中で一番多く含まれているそうです。


アカモクには身体に必要な栄養素が、本当にたくさん含まれています。
病気の予防のためにも摂取したい食材です。

しかし、市販品ではまだお目にかかったことがありません。
インターネットでは販売しているようです。

そこは我慢をして、モズクで健康を維持してみたいと思います。

しかし、どれだけネバネバなのかアカモクをぜひ食べて見たいものです。


アカモク
アカモク(画像お借りしました)


モズクを買う時はお魚屋さんに売っている生のモズクです。
スーパーで3個パックになっているのは塩分や糖分が含まれているので
気を付けてください。

アカモク食べたい!!

【参考資料】
食品効果効能辞典
yahoo知恵袋
暮らしにいいこと
暮らしのまとめ
ナイス!トピックス  
スポンサーサイト
[編集]
関連記事

救急車

2017/03/08 21:40

今日は朝早くから出かけていました。

帰り道で信号待ちをしていました。

道路の向かい側で母親に手を引かれた小さな男の子が、
信号待ちをしていた救急車の運転手さんに笑いながら手を振っていたのです。

運転手さんも手を振っていました。とっても微笑ましい光景でした。


救急車といえば思い出す出来事があります。

孫が2歳を少し過ぎたころに2階の階段から落ちたのです。

突然大きな音と鳴き声がしたので行ってみると、1階の階段下で
頭を下にしてうつ伏せで泣いていたのです。

抱き上げてみるとおでこから血を流していました。

おでこがぱっくり割れて、白い骨が見えていたのです。

これは大変とばかりすぐに救急車を呼びました。

その時の救急隊員の話では、
「意識を失っていないか、すぐに泣き止んだか様子を見てください。
子供は体が柔らかいので結構大丈夫なことが多いんですよ。」
と言っておられました。

母親が付き添って病院に行きました。

病院ではあれこれ検査をしてもらいましたが幸いに
おでこ以外では何処も怪我はなかった様でした。

おでこを4針縫って帰ってきました。

孫はその時の救急車が余程印象的だったのでしょうか、
その後救急車のサイレンを聞く度に「きゅうきゅうしゃ」「きゅうきゅうしゃ」と
家の中を走り回っていました。

そんな遠い昔をふと思い出した日でした。

今日は真冬に逆戻りのとっても寒い一日でした。
[編集]
関連記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。