FC2ブログ

黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

閉じる

Entries

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[編集]
関連記事

日傘文化、日本だけ? 

2016/07/30 22:15

今日のネットニュースでこのような記事を見つけました。

日傘文化、日本だけ? 驚く訪日女性客…欧米などは帽子や日焼け止め
産経新聞 7月30日(土)14時31分配信

日差しの強い日が続き、若者から年配の女性まで愛用している日傘。
だが、大阪ミナミで、アジア、欧米など9カ国の訪日外国人女性に聞くと、「使わない」と答え、
ほとんどが一度も使用経験がなかった。
大手空調メーカーの外国人へのアンケートでも、驚いたり感心したりした日本の暑さ対策は
「日傘をさす」が最多。
世界で日本の日傘文化は“特異”なのだろうか。(張英壽)

「日傘は真夏でもしないですね。どんなにカンカン照りでも…。おばさんが使うもの」
 韓国・ソウルから訪れた女子大学生、閔智援(ミンジウォン)さん(21)はこう答えた。
 訪日外国人でにぎわう道頓堀周辺(大阪市中央区)で、各国の女性たちに日傘を
さすかどうか質問した。
 道頓堀のベンチに座っていた中国・上海市の女性(26)も一度も使ったことがなかった。
「傘は雨のときだけ。

ドラッグストアで働いていた中国・四川省出身の陳子●さん(24)も日傘経験はなく、
中国での日傘事情について、「日傘をさすのは30代以上」と流暢(りゅうちょう)な日本語で
教えてくれた。

タイ・チェンマイから来たホテルオーナーの女性(33)も日傘経験がなく、「白い肌に
なりたいのはタイでも同じだけど、日本の日傘習慣はちょっと変」と感想を述べた。

 イタリアからハネムーンで来日し、夫と道頓堀を散策していたジャーナリストの
モニカ・タリコーネさん(27)は「イタリアでは使わない。みなバケーション(休暇)に行き、
白い肌は健康的ではない」。

 日本でも、バブル時代やその前は日焼けが流行。
「20代前半の頃、日焼けするのが格好よかった」と振り返った堺市南区の会社員の女性(47)。
だが「今はシミがたくさんできて後悔している。10年ほど前から日傘を持つようになった」
と打ち明けた。

空調メーカーのダイキン工業は一昨年、東京在住の外国人100人を対象に「東京の夏の暑さ」を
テーマにしたアンケートを実施。
「東京の夏の暑さ対策で、感心した・驚いた対策はあるか」と聞いたところ、
1位は「日傘をさす」(46%)だった。

 日傘をさす習慣は日本だけなのだろうか。

 洋傘・日傘メーカー大手の「ムーンバット」(本社・京都市)で、長年製品を開発してきた
大原孝二さん(70)は「ヨーロッパでは紫外線を遮ることにそれほど関心がない。
また紫外線が強いオーストラリアでは帽子が主体。
中国や東南アジアでは、日傘という概念自体がなく、日差しが強いときは、雨傘を日傘として
使うことがある」と話す。ただし中国の大都市では最近、日傘が販売されるようになったという。

 大原さんによると、日傘はもともと19世紀のフランスで文化として花開いた。
フランスの印象派の画家、クロード・モネも、日傘の女性を描いている。
現代のヨーロッパではなぜかその習慣が廃れ、日本で定着している。

日本では和服とともに日傘は愛用されたが、若い女性に人気がなかった。
変化が起きたのは、二十数年前にUV(紫外線)用の加工がされた日傘が市場に出てからだ。
それまでUVカット率は50%程度だったが、UV加工の日傘は80~90%台のカットが可能になった。
若い女性もさすようになり、若者から年配まで日傘をさす習慣が広がった。

 
私はといいますと、若いときは絶対日傘は持たなかってのですが、ある時に顔にシミが
出来たことに気づいた時から日傘をさすようになりました。
最近は晴雨兼用で一年中ハンドバッグに入れて持ち歩いています。
今の季節は夕立が多いので助かっています。

近年は男性が日傘を持って歩くのが増えて居ているらしいですね。

スポンサーサイト
[編集]
関連記事

化粧品は無添加化粧品を選びますか?

2016/07/27 21:40

化粧品を使われている方々は、どのようなことを基準にして選ばれているのでしょうか?
成分でしょうか、それともメーカーでしょうか、またはパッケージの美しさでしょうか?

ちょっと気になることがあります。


無添加化粧品を選ぶのがいいのでしょうか?

気をつけたい配合成分

化粧品の成分の中には、人によっては肌を刺激したり、肌トラブルを招いたりする
ものもあります。
一般的に気をつけたほうがよいといわれる配合成分には、どのようなものがあるのかを
ご紹介していきます。


石油系成分には要注意

化粧品には、さまざまな成分が使われていますが、大きく分けると、植物由来のもの、
動物由来のもの、石油由来のものの3種類に分類できます。
その中でも、特に多く使われているのが石油由来の成分です。
というのも石油系の成分は、安価で大量に生産でき、保存が効くというメリットが
あるからです。
しかし、比較的に肌への反応が出やすい傾向があるため、肌が敏感な人は、石油系の
成分を配合した化粧品には注意が必要です。


化粧品に使われる主な石油系成分には、次のものがあります。

石油系合成界面活性剤
化粧品の中でも特に使用されることが多いのが石油系合成界面活性剤。
洗浄効果を高めるために洗顔料に配合されていたり、水と油を分離させないために
クリームなどに使用されたりと、さまざまな化粧品に配合されていますが、肌のバリアを
破壊してしまう可能性があるといわれています。

石油系合成防腐剤
合成防腐剤は、ほとんどの化粧品に配合されており、代表的なものに「パラベン」や
「フェノキシエタノール」があります。
これらは、ほかの防腐剤よりも効果が高く、含有量が少なく済むので安全という意見も
ありますが、微量でもホルモンバランスを崩す疑いが持たれています。

鉱物油や合成の油性成分
油をベースにしたコスメの多くに石油が使われていますが、その石油は「鉱物油」
「ミネラルオイル」「パラフィン」などと表記されています。
また、ベンジルアルコールや安息香酸アルキルといった油性成分などにも、肌トラブルを
引き起こす可能性があるとされています。

石油系合成色素
「○色○号」と色名と番号がついたものは、すべて石油から生み出された合成のタール色素で、
発がん性などの問題が指摘されています。

石油系合成香料
石油を主原料にした合成香料はホルモンバランスを崩す可能性があるとされています。


それならやっぱり無添加がいいのでしょうか?

石油系など、反応しやすい成分を避けるためにも、やっぱり無添加化粧品を選ぶべき!
と思ってしまいがちですが、それは早計と言えるでしょう。
無添加だからといって、必ずしも安全だったり、肌に反応が出なかったりするとは限りません。

例えば、化粧品には、細菌やカビのエサになる成分が多く含まれています。
「防腐剤」を配合することで、こういった微生物の繁殖によって化粧品がカビたり、腐敗したり
するのを防ぎ、傷んだ化粧品を使うことで起こる肌トラブルの回避に役立っています。

また、人によっては、無添加化粧品に含まれる天然成分で、アレルギー反応を起こして
しまうこともあります。
無添加というとそれだけで安全、といったイメージを抱きがちですが、無添加に
こだわるよりも、自分の肌に合わない成分を知り、それが入っていない化粧品を
選ぶことが重要だと言えるでしょう。

参考
【スキンケア大学  
美容成分の基礎知識>  無添加】

この記事の監修ドクター 
 しのぶ皮膚科 院長 蘇原しのぶ先生


世の中には化粧品メーカ^が多過ぎます。
どれを選んでよいのか迷ってしまいますよね。
以前使っていたものがいつの間にか合わなくなっているケースがあります。
自分の肌が歳と共に変わってきたのかもしれません。
一番肌に合う安全な化商品を使いたいですね。
[編集]
関連記事

合成化学物質の有害性!

2016/07/25 21:50

合成化学物質はどうして有害なの?

こんなことを思ったことはありませんか?

そこで今日はこれについてです。


有害化学物質は、それまで生命を持つものしか作ることがことが出来ないと考えられてきました。

それが人工合成できるようになっただけでなく、大量に作られ、環境中に捨てられ汚染を引き

起こすのだそうです

環境中に撒かれた化学物質はやがて私たちの体の中に入ってきます。

体に入った合成化学物質は、わたしたちの体が行っている反応と似ていても異なる反応を行い、

その違いがさまざまな悪さを引き起こすのだそうです。



例えば、神経の情報を伝達するホルモンと似た反応をする化学物質は、、そのホルモンの反応を

邪魔したり、過剰反応を引き起こすことで、神経毒性を発揮するのだそうです。



人間の体は70%が水でできており、水で溶ける化学物質で成り立っているため、そのままの

状態では分解したり、崩壊してしまいます。

その為、水を弾く脂質で守られる構造をしていて、細胞の周りも脂質で囲まれています。



人工的な有機化学物質は、ほとんどが脂溶性で油には溶けるが水には溶けません。

脂質でできた細胞膜をやすやすと通り、細胞の中に入り込んでしまう上に、水に溶けにくいため、

分解されずに居座り続けてしまうのだそうです。



ダイオキシンが脂肪に蓄積することから、脂肪の多い母乳の汚染が問題になってい居る

のだそうです。

その他に脂肪が意外と多いのが脳だそうです。

幻覚を引き起こすため、トルエンやシンナーを用いた遊びが行われるのは、それらの化学物質が

脳に集まりやすいからだそうです。



有機化学物質の中で、特に危険なのが、有機塩素系化合物などの塩素、臭素、フッ素を持った

ハロゲン化物、そして重金属を持った有機重金属化合物、そしてベンゼン核を持った化合物

だそうです。

これらは生命体が危険なものとして排除してきており、ほとんど体の中にもっていない点

だそうです。



生命は海の表面に近いところで誕生したため、鉄は例外として、底面に近いところに存在

していた水銀、鉛、スズなどの重金属類を含まないそうです。

重金属のほとんどが体に有害な理由は、そこにあると考えれてるのだそうです。



塩素や重金属が有機化学物質に入ると、通常の塩素(無機の)重金属の毒性よりもさらに強い

毒性をを持つのだそうです。

水俣病を引き起こしたのは有機水銀だそうです。



この様に有害化学物質としてリストアップされている有機化学物質は、殆んどが塩素などの

ハロゲンか、重金属か、ベンゼン核を持て居る点に特徴がります。

【日本消費者連盟  化学物質から身を守る方法】 より抜粋



なるほど、一度体の中に入った重金属は排出されないと言われるのは、

このようなことだったのですね。

怖い事ですね。

[編集]
関連記事

合成化学物質とは?

2016/07/24 22:30

初めまして。
このブログを書くにあたり日頃なんとなく気になったこと、なぜそうなの?
もしかしたらおかしいのでは・・?
等々、自分なりに疑問に思う事が最近増えてきました。
そんな事や日常の生活の様子などを書いてみたいと思います。
あくまでも私個人の観点ですので、笑って読んで頂ければよいかと思います。
宜しくお願い致します。


早速ですが化学物質あるいは合成化学物質が人体に危険を及ぼすなどと言われて居ますが、
一体合成化学物質とは何なんでしょう?

或る科学者によって無機物のシアンとアンモニアから、有機物の尿素が合成されたそうです。

有機物とは、炭素を含んだ化合物のことです。

それまで生命を持つものしか作る事が出来ないと考えられていた有機物が、試験管の中で合成されたのです。
この人工合成物質が、やがて20世紀の社会や生活を激変させることになる事を、当時は誰も想像できませんでした。

この有機化学物質の誕生、これこそが人口化学物質が地球上に広がっていく出発点になったそうです。

最初は石炭を原料に、次は石油を原料に次々と開発され、消費されるようになり、化学物質の種類は増え続け、
しかも大量に作られるようになったそうです。

1874年にはDDTが、1879年にはサッカリン、1981年にはPCBが誕生したそうです。
これらが飛躍的な発展をもたらしたのが、第一次世界大戦だったそうです。
第二次世界大戦を境にして石油の時代へと移行して行ったそうです。

新しく主役となった石油は安く、液体であるため扱いやすく、従来とは桁違いの生産を可能にしました。
戦後、世界経済が拡大期に当っていたこともあって、プラスチックや、合成洗剤、合成ゴム等、有機化合物の
大量生産、大量消費の時代が到来しました。

石油の油井採掘ブームが巻き起こり、石油を支配するものが、世界を支配するようになったそうです。

有機化学物質の種類も増え続け、多種多様の化学物質が作られ、その種類は今日までに数百万種に達しており、現在も日々大量に製造され続けているそうです。

それらの化学物資が環境中に撒かれ、巡り巡って私たちの体の中に戻り、悪さをするようになったそうです。
それが、今の私たちを取り巻く状況だそうです。

【日本消費者連盟 化学物質から身を守る方法】 より抜粋


なるほどそのようにして合成化学物質が作られたのですね。

続きを読む

[編集]
関連記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。